おすすめの短肌着の素材

Pocket

短肌着はオールシーズンで、他の肌着を組み合わせたり、一枚で使用することができたりと使い勝手のよい新生児の基本の肌着です。一年中重宝するので、比較的薄めの生地で作られていることが多いのですが、赤ちゃんの短肌着を選ぶ時に、どんな素材のものを選べばよいのでしょうか。着せやすい、赤ちゃんの肌に優しいデザインなど、特に新生児の肌着を選ぶ時は気を使います。そこで形状だけではなく、生地の素材も意識してみましょう。

赤ちゃんの肌着の素として取り入れられているのが、フライスや天竺、ガーゼなどの素材です。フライスはリブ編みの木綿素材で、赤ちゃんの肌着の定番素材でもあります。肌触りがよく、伸縮性や吸湿性に優れているので、一年を通して使いやすい素材です。天竺は平編みの木綿生地で、風通しがよく洗濯をしてもすぐに乾くので、夏場など汗をかきやすい時期に便利に使えます。ガーゼはさらりとした肌ざわりと乾きやすさが特徴の生地です。この他にはタオル生地のパイルや厚めのスムースなどがあり、こちらは気温が下がる冬場などに重宝します。また赤ちゃんの肌を優しく包むことができるように、オーガニックコットン素材を使用した肌着も人気です。

admin